袋帯のシミぬき

「袋帯のクリーニングは毎回しますか?」という、クリーニングのタイミングについてのお問合せです。

夏にお使いになる絽(ろ)や羅(ら)の帯などは、「汗をかいたな!」と思われましたら、その都度の汗の染み抜きが必要になります。
袋帯でしたら、新調したものや、初めてお使いになったものは、陰干しして湿気をとるくらいで大丈夫ですが、2~3回お使いになれば手やたれ、上前の部分が汚れ始めてきます。汚れやシミががはっきりする前のその頃がクリーニング(丸洗い)のタイミングです。

しかし、どうしても汚れやシミ見えてから気づくことが多いです。

帯もしみぬきができますが、古くなったシミは織りや加工の状態では水処理ができず、柄加工する場合があります。

色修正(染色補正)は染料で修正しますが、帯の金彩や銀彩などは写真のような材料を使用し、柄修正(柄加工)してシミを目立たなくします。

青森市で着物クリーニング・しみぬき・洗い張りのことなら、「きものしみぬき みちかわ」を是非ご利用下さい。古しみなどでお召しになれなくなったおきものが甦ります。大切なおきものをいつまでも鮮やかに保つように真心こめて、丁寧にお手入れいたします。